リザーブブック

リザーブブックとは、授業に必要な教材として教員から特に指定のあった資料のことで、貸出・返却カウンター内のリザーブブック用の書架にあります。

■利用方法
・利用したい場合は、貸出・返却カウンターで教員名と出納No. もしくは資料名を申し出て下さい。
・多くの学生が利用するため、貸出時間は資料によって当日中(図書館内利用)、24 時間、72 時間の3種類に設定しています。
・貸出は4冊までで、通常の貸出冊数とは別枠になっています。
・貸出の延長、予約ができません。
※ 授業で指示を受けた方ではなくてもご利用になれます。
・電子書籍で利用できる場合があります。資料のタイトル等で OPAC か、Sophia Searchも検索してみてください。

 (USW-0351)
    中央図書館
    法科大学院
    目白聖母図書室