このページのリンク

ケイホウ ニ オケル ミヒツ ノ コイ : ニチドク ヒカクホウシ ケンキュウ
刑法における未必の故意 : 日・独比較法史研究 / 玄守道著

データ種別 図書
出版者 京都 : 法律文化社
出版年 2021.3
本文言語 日本語
大きさ iv, 267p ; 22cm

所蔵情報を非表示

書庫4階 326.14:H993
9784589041371 008219181

法科大学院図書室 326.14:H993
9784589041371 008221061

書誌詳細を非表示

内容注記 本書の目的
現行日本刑法第38条における「罪を犯す意思」の内容
戦前日本における学説・裁判例の展開
近代までのドイツにおける故意論の展開
近代以降のドイツにおける〈未必の〉故意論の展開
1871年ライヒ刑法典成立以降の学説の展開
戦後ドイツにおける未必の故意論の展開
戦後日本における学説・裁判例の展開
まとめと今後の課題
一般注記 ドイツ刑法学における未必の故意に関する歴史的展開を追い、得られた知見をもとに、ドイツと日本における議論を比較・検討し、未必の故意と認識ある過失の区別に関するあるべき基準を提示する。
著者標目 玄, 守道 <ヒョン, スド>
件 名 BSH:故意(刑法)
BSH:刑法 -- ドイツ  全ての件名で検索
NDLSH:故意 (刑法)
NDLSH:刑法 -- 日本 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
NDLSH:刑法 -- ドイツ -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC9:326.14
NDC10:326.14
NDLC:AZ-712
巻冊次 ISBN:9784589041371 ; PRICE:6400円+税 REFWLINK
ISBN 9784589041371
NCID BC06048904 WCLINK
目次/あらすじ

 類似資料

 この資料を見た人はこんな資料も見ています